Saki Nishikubo

Japan, Tokyo, 23years old

9/20 【朝のひとりごと】

‪自分の心が丸だったとして毎日少しずつそれが埋まったり減ったりしていく中で、大体のことはその増減の割合とか予想できるようになってきてるけど、‬‪思い出したくても思い出せない夢を見て、その時のぼんやりしたでもとびきり幸せな気持ちだけは覚えている…

どこかの街の、だれかのシリーズ

22時を少し回ったぐらいのけだるい帰り道、 コツン と小さな音が聞こえた 足元を小石が転がっていく。 いつも歩いていた砂利道、学校からの帰り道。 ルールは極めて簡単で、交互に一蹴りずつ。 ころころ転がる石を追いかけながら帰る田舎道。 また明日、と、…

久しぶりにただの日記みたいなかんじです。 そこそこ色々あったので、自分自身や他人の内側について考えることが久しぶりに多くなった。 偉大な哲学者の言葉や、仏教の教え、みたいなのがなんとなく身近に感じるかんじ。歳を取ったなと思う。 と同時に今まで…

どこかの街の、だれかのシリーズ

今日は朝から小雨だった。 昨日の夜から張り切って、いつもより15分早く会社に着く予定だったのにな。 こんな日に限って寝坊する僕っていつもなんというかひとりで空回りしてるみたいだな。 今日は会社休もうかなぁって小さな声で呟いてみる。この街ではそん…

どこかの街の、だれかのシリーズ

6/3 だらしないスピードで暗い夜道を歩く。疲労には涼しい夜風が効く。 ありふれた夜に聴く曲はもう何年も変わらないもんだ。歌い出したい気持ちになるけど、たまに深夜大声で歌ってる人みたいにはなりなくないなぁ とか思ったりしていつもエレベーターに乗…

トラブルによる混沌で私の人生を彩って

ミュージックビデオが衝撃的にサイケでいけてる人 ↓ Getterとリミックス繋がり。とにかくぶっ飛んでてかわいくて、抱きしめたくはならない。 ↓ 先ほど日本語が出て来たので、ふざけてるノリ繋がりで。王様感あります。 ↓ テクノとメインカルチャーの架け橋的…

5月29日

5月29日は、幸福の日だ。 パンパンになったスーパーの袋を提げて、いつもの道を家まで歩く。 履き慣れたジーンズの少し折った裾は、よく見たら左右がまったくの非対称。家に着いてもきっと直さないんだろう。 真っ直ぐに道は続く。 日が暮れかけた街では、す…

ソール ライター

"人生で大切なのは何を手に入れるかじゃなく何を捨てるかなんだ" 自分が好む写真を撮り続けて、それがアートとして注目を浴びるまで30年。誰のためでもなく自分のために写真を撮り続けた人。 周りから見たらチャンスを掴めていないもったいない生き方と言わ…

うれしい悲鳴をあげてくれ

この間YouTubeでかわいい長澤まさみを観ていたら、どうやら映画シングの吹き替えをしていたみたいで、挿入歌として長澤まさみが歌っていたセットイットオールフリーが流れてきました。 この曲がもう最高で、サビの歌詞が酢いも甘いも噛み分けた女にしか歌え…

border

春から夏に変わる、梅雨が来る少し前の柔らかい陽射しが少しずつ眩しくなってくる頃、思い出す昔見た景色がある。 私が朝目覚めて、眠い目をこすりながら居間に向かうと、台所からはトントントントンと包丁の音が小気味よく聞こえて来る。 そこではおじいち…

繰り返す

intricate 心が高鳴る整列

green

季節も夏に近づいてきて色々なものが鮮やかになってきた ありのままで、生命力に溢れててみずみずしいもの 世の中のものは移り変わっていくけど変わらないものが一番綺麗ですね、 仲の良い友達がQOLという言葉をよく使っていて、いつも半ば笑いながら聞いて…

帰る

多分、おそらく、7〜8年ぶりの帰郷。帰郷といっても、私が生まれ育ったのは都心から一時間ちょっと、電車にゴトゴト揺られていれば着いてしまういわゆるベッドタウンと呼ばれるような場所なのだが、母の実家である福井県には幼い頃から毎年帰っていて、そう…