Saki Nishikubo

Japan, Tokyo, 23years old

9/20 【朝のひとりごと】

‪自分の心が丸だったとして毎日少しずつそれが埋まったり減ったりしていく中で、大体のことはその増減の割合とか予想できるようになってきてるけど、‬
‪思い出したくても思い出せない夢を見て、その時のぼんやりしたでもとびきり幸せな気持ちだけは覚えている時は、自分の中に幸福だと感じるスペースがまだたくさんあるし、その殆どに実はまだ出会ってないんじゃないか という気分になれる。‬

‪今日の朝も、人のことをすごく好きだと思っている気持ちだけ垂れ流れてくるのに、誰と何をしていたのか、ほとんど思い出せない。‬


‪自分の知らない何かをこれから知れるってことがすごく原動力になるらしい。見て分かることにはあまり興味が湧かない。‬
‪例えば服装や持ち物や見た目や喋り方でも、、聴く音楽にしても、なんで?なんで?ってその人なりのルールやルーツがあると面白い。自分はというと、到底カッコいいことは言えなくて、大体根底のほうにあるポジティブかつ閉鎖的体質が何かと影響していることが多い。‬

というより、人のことを見てあれこれ考えて、大体当たってたりしてしまうので、自分みたいな人がはてなマーク浮かべるような自分でありたい。と思う。

いや単純に読まれるのが恥ずかしいだけ。年齢不詳でもいたいし、〜〜ぽい、とか言われるなら架空の人物がいい。「上海の踊り子」みたいな。よく分かんないけど。上海に踊り子がいるのか、上海にとって踊り子ってどういう存在なのか。そもそもどういう場所なのかもよく分かんないけど。ミステリアスで綺麗そうな単語を掛け合わせてみただけです。

 

私が上海の踊り子だったら多分、戦後復興して来たばかりのギラギラした上海の街で、家族のために出稼ぎをしているんだろう。借金を抱えて病気を患った家族のために。遠く離れた村にいる家族からの愛を感じながら逞しく生きていく私は最後は田舎で暮らす幼馴染のジャンと結婚したい。そして寝る前には子供たちに何かお話をしてとせがまれて毎晩物語を話すんだけど、その話は遠くの街のキラキラした美しい踊り子の話であってほしい。

そして死ぬ間際に、苦しかったはずのあの日々が、最も色鮮やかに美しく蘇ってくることに気づくのである…〜完〜

 

f:id:skxxui:20170920100027j:image

 

(上海 で検索したらしっかりそれっぽい写真が出て来ました)

 

踊り子の話は無事完結しましたが、私は完結どころか始まってもいなかった。忘れるところでした。

 

多分要するに、振り返ったときどう見えるのか、なんですよね。うん。その時は分からないから。