Saki Nishikubo

Japan, Tokyo, 23years old

自分の中にあるこれというだいじなものだけを真っ直ぐに大切にするのは、なぜこんなに難しいんでしょう?

 

普段人と目を合わせて話すことが少なくなったなと思う

 

真っ直ぐに見つめられると、心を見られているみたいでそわそわした。
ここで、今自分の生き方に少し納得して、どきどきやワクワクを見逃して、今までとは少し違う自分になることは、大切な何かを失ってしまうことになると分かっています。と、心の奥から声が聞こえた。

 

自分からは逃れられないんだから。と

いつも自分を見つめて生きることから逃げないことはこんなにも大変なんだ。

気づかなければ、知らなければ良かったのにと思う気持ちは歳を取る度増えていって、自由になればなるほどなぜか窮屈になってしまう。

 

もし神様の手があなたの心や身体を自由にしてくれるのなら、あなたはどこに飛んでいきますか?

という大好きな詩はいつも自分の心の中にある。時に自分自身を救う手でもあり、苦しめる手でもあり、いつも私をどこか遠くからじっと見ているきっと暖かい手。

 

 

f:id:skxxui:20180323212743j:image